携帯サイトQRコード

患者の気持ち

なみだ目(流涙症)について

目が潤んで涙がたまる状態をなみだ目、更に目尻や目頭からこぼれ落ちる状態を流涙症(りゅうるいしょう)と言います。
涙は涙腺から作られ眼表面、涙点、鼻涙管を通り鼻に抜けます。
鼻涙管狭窄、閉塞とは、何らかの原因で鼻涙管が細くなったりつまったりすることで、これによって涙の行き場がなく眼にたまりこぼれ落ちるというような症状がでてきます。
このため、涙を拭うためのハンカチが手放せなくなったり、症状がひどい時には眼のまわりの皮膚がただれることもあります。
大別すると、「分泌性流涙」と「導涙性流涙」と2つのタイプがあり、片方だけでなくそれらが合併している場合も多く見られます。

分泌性流涙

分泌性流涙はドライアイやアレルギーなどが関与して、目の表面が過敏になっていて刺激に対し過剰に反応して涙が分泌されてしまうことが原因です。
主な治療としてはドライアイやアレルギーの治療と同様に、点眼薬などの内科的治療が中心になります。

導涙性流涙

導涙性流涙は、涙の排水管(涙道)がつまり、涙がのどに抜けなくなるために起こります。 治療は外科的治療となり、既存の排水管のつまりを取って再開通させるか、新しく排水管を作る手術を行います。

合併している場合

合併している場合は、まず点眼薬などによる内科的治療を行い、効果が不十分な場合に手術を検討します。

原因の調査がとても重要です

必要不可欠な検査

場合によりドライアイやアレルギーの検査も必要です。
なみだ目(流涙症)は立派な目の病気です。症状などに、お心当たりのある方はまずはご相談下さい。


TOPへ